武蔵浦和・浦和・川口で活動する「姿勢」「動作」改善専門パーソナルトレーニング

野球肩

肩のどこに痛みが出ますか?

腕をあげる時やボールを投げる時に痛みを感じる場合は「野球肩」の可能性があります。俗に言う「野球肩」とは「投球障害肩」と言い野球に限らず

水泳やバレーボールなど腕を頭の上にあげる動作が入るスポーツで起こりやすく原因は様々です。その中でも主に

  • 棘下筋腱炎
  • 上腕二頭筋長頭腱炎

と言われる障害を起こしやすいです。

棘下筋腱炎とは?

症状

主に肩の後ろに痛みやだるさを感じ棘下筋が硬くなる事により起こります。

この障害は「手投げ」と言われる投げ方をしていると起こりやすくフォームを修正しないと再発を繰り返す場合が多いです。

肩甲骨、上腕骨を正しい位置や動きに導くトレーニングの後、再発防止のフォーム修正が必要になってきます。

改善方法

肩関節の後部が硬くなる事により発症するため、硬くなってしまった後部の筋肉をストレッチにより正常な動きや関節可動域を回復していきます。

上腕二頭筋長頭腱炎とは?

症状

主に投球の際に頭の後ろで構えると(※後期コッキング期)肩の前に痛みが起こりリリース直前で肘を伸ばす際にも痛みが起こります。

巻き肩などの姿勢不良や骨頭の異常運動が原因の為、投球時の「リリースが早い」と起こりやすくフォームの修正が必要です。

改善方法

姿勢不良により硬くなってしまった大胸筋をストレッチやツールを利用したリリースをして可動域を改善させていきます。

PAGETOP
Copyright © MORILOCK fitness All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.