武蔵浦和、浦和でパーソナルトレーニングを提供する MORILOCKのパーソナルトレーナーの森安です。 

膝の代表的な怪我のひとつ「半月板の損傷」です。

半月板の損傷はスポーツをしている選手のみの怪我ではなく、どなたでも起こりうる怪我です。

半月板は大腿骨(太モモの骨)と脛骨(スネの骨)の間にありクッションの役割を果たしていますが何らかの原因で偏った膝の動きをしてしまうと傷ついてしまいます。

そのままにしておくと変形性膝関節症や軟骨の損傷に繋がる為、きちんとしたケアが必要です。

半月板は水分とコラーゲンで構成されていて血流がほとんどありません。血流が少ないと自然な修復が難しい為、一度損傷すると手術が行われることが多い組織です。

半月板損傷の特徴


  • 動かすと膝の内側が痛い
  • 膝の内側が押すと痛い
  • 膝の曲げ伸ばしができない
  • 膝に引っかかったような痛み

※上記のような症状がみられたら半月板損傷の疑いがあるので、病院で診断を受けるようにしてください。

※病院で半月板の損傷が見つかった場合には、保存療法か手術のどちらかになりますが全ての症状で手術が必要になるわけではありません。

※多くの半月板損傷は内側に痛みが出ますが外側に出る場合は外則半月板の損傷が疑われる。

半月板損傷が起こるとき


  • 膝を強くねじった時
  • 地面に強く膝を打った時(転倒時)
  • 高齢の場合、加齢による磨耗

膝にかかる負担を軽減する為に膝のアライメントを調整し正しい体重のかけ方を練習していきます。

  • 膝の内側の筋力の回復
  • 体重のかけ方
  • 膝の噛み合わせの改善

膝周りの調整とカラダ全体の歪みを改善し膝のひっかかりや痛みを改善していきます。