武蔵浦和、浦和でパーソナルトレーニングを提供する MORILOCKのパーソナルトレーナーの森安です。

前十字靭帯の断裂は少し前までは選手生命を絶たれるほどの大怪我でした。最近では医学の進歩により以前より競技復帰への道のりが出来上がり復帰する選手も増えてきましたが、大怪我であることには変わりありません。

手術前後のリハビリや取り組みによって回復に差が出てしまうので正しい知識を習得し、根気よく取り組んでいくことが重要です。

前十字靭帯の役割

膝は大変不安定な関節です。それを支えるのが4本の靭帯「前十字靭帯」「後十字靭帯」「内側側副靱帯」「外側側副靭帯」になります。

前十字靭帯と後十字靭帯はひざ関節のねじれを抑え、内側側副靱帯、外側側副靭帯は横へのブレを抑える働きがあります。

左足 前十字靭帯 引用:VISIBLE BODY

前十字靭帯はスネの骨が前に投げ出されてしまうのも防ぐ働きもある為、受傷した方は足が投げ出される感覚になるのはこの為です。

前十字靭帯断裂のリスクが高い方

  • 接触のあるスポーツ(柔道、レスリングなど)
  • テニス、バスケット、サッカーなど急な方向転換が必要なスポーツ
  • 膝が内側に入りやすい方(女性の方が多い)
  • 大腿部の筋力不足
  • 過去に損傷歴がある

前十字靭帯断裂の手術後

病院でのリハビリ期間で【可動域】【筋力】【腫れ】を戻すことを重要視してリハビリが進むかと思いますが、病院でのリハビリ期間は限られている為、思うように進まない場合もあります。

  • 腫れが引かない
  • 膝が伸びきらない、曲がらない
  • スポーツ動作に不安がる

などの不安がる場合はご相談ください。

膝にかかる負担を軽減する為に膝のアライメントを調整し正しい体重のかけ方を練習していきます。

  • 膝の筋力の回復
  • 体重のかけ方
  • 膝の柔軟性の回復

膝周りの調整とカラダ全体の歪みを改善し膝のひっかかりや痛みを改善していきます。再発を防止する為のスポーツ動作を再教育します。(走り方、飛び方、着地など)

前十字靭帯を損傷すると手術は?リハビリは?競技に戻れるの?など不安な事が次々と襲ってきます。そんなあなたの背中をそっと支える存在になりたいと考えています。全力であなたの事をサポートする事をお約束します。