武蔵浦和、浦和でパーソナルトレーニングを提供する MORILOCKのパーソナルトレーナーの森安です。

いざという時にパニックにならないようにするRICE処置を知ろうシリーズ。今回は「Compression:圧迫」です。

なぜ圧迫するの?

怪我すると患部は腫れたり内出血します。それらの現象を防ぐためにテーピングや弾性包帯などを使用して軽く圧迫気味に巻きます。

圧迫する際のポイント

弾性包帯やテーピングを使用して巻きますがキツくではなく軽く圧迫することが重要です。

圧迫強度の指標は巻いた足の指先(爪)が紫色に変化してないか?触った感触がちゃんとあるか?を確認してあげましょう。

圧迫はRICE処置の中でも忘れられやすい処置になりやすいので腫れや内出血を防ぐためにぜひ行ってください。